移植医療しまねまごころバンク

しまねまごころバンク

臓器移植は、あなたの優しさと思いやりがあって成り立つものです。 

 これまで我が国では、亡くなられた方から角膜や腎臓の提供を受けることによって、移植医療が行われてきました。また、健康な方から骨髄液の提供を受けることで、多くの血液難病(白血病など)に苦しむ患者さんが健康を取り戻すことがでぎるようになりました。

 平成9年度10月16日には、「臓器の移値に関する法律」が施行されましたが、これにより、我が国でも本人の書面による脳死判定に従う意思表示と臓器提供の意思表示があり、それぞれ家族の同意があれば、脳死した方からの臓器移植が可能になりました。

 島根県では、移植医療の普及啓発を積極的に推進するため「しまねまごころバンク」を公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根(旧 財団法人島根難病研究所)に設置しました。

 臓器移植に際して、必要不可欠なものは、「正しい知識と自由な判断」に基づく「善意の提供意思」と「ご家族の方のこ理解」です。  皆さんのご理解とご協力をお願いします。

11843
臓器移植に関する良くある質問
あなたの腎が、移植された方とともに生き続けます
あなたの目が、移植された方とともに生き続けます
あなたを待っている人がいます
カードサンプル、記入例 配布施設
各年度ごとの機関紙をPDFで掲載