平成29年度 山陰網膜色素変性症協会(JRPS山陰)の総会及び研修会in益田 が下記のとおり開催されます。


<趣 旨>

*研修(1
障害や疾患等のある者にとって災害時においては特別な配慮が必要となることが多い。従って、非常事態における身の安全・安心を確保するため普段の防災認識が大切であり、その高揚を意図して研修する。また、これは公開研修として位置づけ、障害のある者や難病を抱える者はもとより、家族や関係者ら広く対象とする。

*研修(2)
津和野の歴史と文化について観光し、我々の文化意識など生活の質の向上を意図する。

<主 催>
山陰網膜色素変性症協会(JRPS山陰)

研修会(1)
<共 催> 島根県益田保健所、益田市、益田市身体障害者福祉協会
<日 時> 平成29年6月17日(土)12:45  ~  6月18日(日)15:00
<対 象> 研修(1) 視覚障害など身体障害や難病を抱える人、その他関心のある人等一般公開
<場 所>
第一日目
研修会場:益田市駅前「益田市保健センター3階」(イーガ)    
宿泊施設:多田温泉「白竜館」 益田市多田町383 電話0856-22-1626   

第二日目    
津和野町観光

<日 程>
第一日目
10:00~11:30 会場準備(ボランティア支援員)
11:30~12:45 移動、昼食(昼食は自己負担) (講師・石見空港12:20着)
12:45~13:15 受付(ボランティア支援員)
13:15~13:30 開会挨拶 
13:30~15:00 講演           
講演(1)「ふだんからの防災の心構え」           
講師 山本和之 氏(益田市危機管理課主査)  
        
講演(2)「東日本大震災の被災地支援から思うこと」           
講師 白崎正彦 氏(公益社団法人 日本網膜色素変性症協会理事)

15:00~15:10 休憩
15:10~15:40 意見交換・質疑応答
15:40~15:45 閉会挨拶          
公開研修終了  JRPS会員は第二会場へ移動
15:45~16:30 会場片付け(ボランティア支援員)

*駅前に多田温泉「白竜館」マイクロバス
16:00~16:30 マイクロバスで道草を食って多田温泉到着
16:30~16:45 手荷物を部屋に置く   
16:45~17:15 JRPS山陰の総会
17:15~18:30 休憩・入浴
18:30~20:30 懇親会・夕食

第二日目
7:00~8:00 朝食
8:30 多田温泉出発
多田温泉「白竜館」マイクロバス → 益田市総合福祉センター
8:50~ 9:30 益田市社会福祉協議会・福祉マイクロバス → 津和野JR駅前
9:30~12:30 観光ガイド乗車 → 観光
12:30~13:30 昼食・・・津和野町にて
13:30~14:30 散策 自由時間 JR津和野駅集合
14:30~15:30 津和野出発 → 益田観光 → JR益田駅           
益田16:07発(スーパーまつかぜ12号)→ 出雲17:47→ 松江18:14 → 米子18:37 → 鳥取19:42

【備考】

17日益田行きJR時刻(スーパーまつかぜ1号)  
鳥取発7:04→米子8:11→松江8:36→出雲市9:05→益田10:51着  ボランティア出迎え→駅前会場「保健センター3階」

<参加費> 
全日程一人    13,000円(昼食:一日目・自己負担、二日目・会費)       
日帰り懇親会一人  6,000円

<申し込み・問い合わせ先> 
JRPS山陰会長 安部利一  
電話・Fax0856-23-3326 携帯電話090-4655-2323                   
Eメール:cp39-abetyan@maro-v.jp

同  事務局長 奥 美和子 
携帯電話090-6839-2120               
Eメール:me-uguisu@ivory.plala.or.jp

<申し込み締め切り> 
平成29年6月6日(火)

<後 援>
(仮)鳥取県、島根県、鳥取県眼科医会、島根県眼科医会         
しまね難病相談支援センター、島根ライトハウスライブラリー
島根県西部視聴覚障害者情報センター、島根県視覚障害者福祉協会         
益田市社会福祉協議会

pdfファイル「平成 29 年度 山陰網膜色素変性症協会(JRPS 山陰) の総会及び研修会 in 益田 」をダウンロードする(PDF:219kB)