【特定健診】

※負担金額は各種補助の種類により変わります。

特定健診・特定保健指導

平成20年4月から、健康保険組合、国民健康保険などに対し、40〜74歳の加入者(被保険者・被扶養者)を対象としたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査および特定保健指導の実施が義務付けられました。 受診には医療保険者が発行する特定健診受診券が必要です。

 

検査項目

  • 身体計測 <身長・体重・BMI・腹囲>
  • 血圧測定
  • 尿検査 <糖、蛋白>
  • 血液検査
    <肝機能>AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP
    <血中脂質>中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール
    <血糖値>(空腹時血糖、やむを得ない場合には随時血糖) 
  • 診察

医師の判断に基づき選択的に実施する項目(別途料金)・・・眼底検査、心電図、貧血検査、血清クレアチニン検査

 

運営に関する重要事項に関する規定の概要

〔特定健診〕 〔特定保健指導〕

  

【特定保健指導 】

※料金は契約団体により変わります。

医療保険者から発行される特定保健指導利用券が必要です。

生活習慣の改善が必要な方に 特定保健指導を行います

特定健診または同様の内容を含むその他の健診の結果から、生活習慣の改善が必要な方に対して、生活習慣を見直すサポートを行います。特定保健指導はリスクの程度に応じて「動機付け支援」「積極的支援」の2つのタイプがあります。対象となった方には医療保険者から案内(特定保健指導利用券)が届きます。

特定健診 または 同等の健診・ドック

【40〜74歳の方】 健診の結果や生活習慣から保健指導対象者を判定

  1. 腹囲(男85cm以上、女90cm以上)または、BMI(25以上)
  2. 血糖(空腹時血糖100mg/dl以上、HbA1c(NGSP)5.6%以上)
    脂質(中性脂肪 150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl以下、服薬)
    血圧(収縮期 130mmHg、拡張期 85mmHg以上、服薬)、喫煙歴

1.に該当する場合に2.のリスク数、年齢等により判定(生活習慣病で服薬・治療中の場合は除く)

 生活習慣の改善が必要な方に

/usr/images/kenkou/kenkou_arrow.gif

特定保健指導

動機付け支援

保健指導者(※)による、原則1回の生活習慣改善のための個別支援かグループ支援を受けられます。6ヵ月後にはその評価を受けられます。

積極的支援

保健指導者による生活習慣改善のための初回支援と、3ヵ月以上の継続的な支援を受けられます。支援方法は個別又はグループ支援、Eメール、電話、手紙などの方法があります。6ヵ月後にはその評価を受けられます。

※初回支援は医師・保健師・管理栄養士が担当、3ヵ月以上の継続的支援は医師・保健師・管理栄養士・健康運動指導士などが担当します。